background image

CGAのオンライン教育

オンライン教育は、生徒一人ひとりの可能性を引き出すのに適しています。CGAでは、これまで培ってきた独自のノウハウを生かし、オンライン教育を最大限に活用しています。

オンライン教育の強み

オンライン教育の強みは、挙げればキリがありません。

  • 通学時間が必要ないため、空いた時間に自分の興味を探求することができる
  • 活発なディスカッションが実施でき、教師と生徒のインタラクティブな授業になる
  • 予め準備されている資料を活用するためノートを取る時間が短縮でき、授業中は教師やクラスメートの話に集中できる
  • オンライン特有の機能(チャットやホワイトボード機能、リアルタイム投票や小テストツール、ブレイクアウトルームなど)を用いて、より効率的な授業を行うことができる
  • 授業の録画が可能なため、後から授業を復習できる。教師も後から生徒の反応を振り返り、授業の改善に活かすことができる

最近では、オンライン教育の活用が学習効率や定着率を向上させたという研究結果も出ています。

オンライン教育が、学びの新しいスタンダードとなりつつあります。

Online learning

完全少人数制の オンライン授業

CGAの授業はすべて、オンラインの同時双方向型で実施されます。

平均5名(最大12名)の完全少人制で行われるため、きめ細かいサポートが可能。自然と発言回数も増え、確かな学力定着を図ることができます。

また、全ての授業が録画されているため、復習のために録画授業を活用することも可能です。

Teachers expertly trained in  online teaching

コラム: オンライン教育の課題?

コロナ禍をきっかけに、教育のオンライン化の流れはますます加速しました。個人レベルでの活用に限らず、学校で導入される例も増え、世界中でオンライン教育の可能性に注目が集まっています。

しかしその一方で、「オンライン教育を問題なく活用できている」といえる学校は多くないのが実情です。ICTインフラの整備状況や教師のITスキルは学校ごとに大きく異なり、それによって活用の度合いも左右されてしまうのです。

実際にコロナ禍の休校期間にも、多くの公立学校では十分な対応が行えず、生徒の学びが止まってしまう例が見られました。オンライン教育に切り替えられたとしても、対面型授業より質が低下してしまうケースが少なくありません。20〜40人ほどの生徒に対して質の高いオンライン授業を届けるのは、容易なことではないのです。

CGAでは、様々なノウハウを生かして授業の質を担保しています。スムーズに授業が実施できるだけのICT環境を整備し、オンライン授業の運営に慣れた教師を採用しています。さらに、徹底して少人数制授業にこだわることで、同時双方向型授業を可能にしています。

Online learning

どんな生徒に向いている?

フルタイムとパートタイム(現在通っている学校に加えて、1〜3科目ほど履修する通学形態)の2つの通学形態を用意しているCGA。様々な生徒のニーズに対応し、「学びたい」意欲に応えます。

background image

Crimson Global Academy が 新たな学びの舞台に。